ワードプレスのメリット・デメリット

    WordPressの運用方法・運用のヒント
    WordPress(ワードプレス)では、だれでも手軽に「プラグインと呼ばれるツール」や「テーマと呼ばれるテンプレート」を使いながら簡単にオリジナルのホームページやブログが作れます。
    また、新着記事や画像付きのリスト、人気投稿の順位表示、コメント投稿なども簡単に設置することができます。

    今回は、その運用方法や導入におけるメリットデメリットなどを簡単にご紹介します。

    ワードプレスとは?

    特定の機能や表示などを最初からツール化しており、プロから初心者まで簡単にブログやホームページを設置・作成できるように提供しているものがワードプレスです。

    スマホ用にレスポンシブデザインも可能です。
    ユーザーによる表示のカスタマイズ切り替えも可能です。

    また、広告向けに利用できる技術やツールがすでに多数提供されており、とても幅広い用途に利用されています。

    ワードプレスで作ると、技術的には何がメリット?

    現在では、より様々な画面サイズと解像度に対応するレスポンシブデザイン対応が必要になりました。

    ユーザ側での見え方を考慮する必要があるので、作業がより煩雑となっています。

    ワードプレスでは複雑な設定でも、ある程度、レイアウトや画像サイズ、文字サイズなども各機種のサイズによって自動的に変換してくれたり、また細かい表示設定やフォームなど、複雑なプログラムを組むことができなくても簡単に設置できる多種多様なプラグインがあります。

    デザインをすぐに変更できるテーマもたくさん提供されておりますので、その点でもメリットが大きいでしょう。

    これまではオーダーするときに発生していた『見た目はそんなに違ってないのに料金がかかっていた』プログラムやデータの作成や移行、再作成する費用など、ワードプレスではより簡単にできるようになっています。

    一度、納品してもらったホームページの一部を変更する場合、変更箇所によっては専門知識や技術が不要で簡単に変更できたりもします。

    簡単なコンテンツ入力だけでユーザーへの表示が、かなり自動化して行うことができます。

    ワードプレスによる作成は簡単にできるのか?

    確かにワードプレスそのものをダウンロードして、基本のプログラムから必要な部分を読み込んで作り上げていく作業は多少手間がかかります。

    ですが、プロバイダが提供する「ワードプレスによるホームページの作成サービス」や、多数の作成者が提供する「様々のテーマやメールや投稿口コミといったプラグイン」を組み込むだけなら、ごく簡単な操作で行うことも可能です。

    特にワードプレスでは、記事作成上のもの、表示上の見た目などの整形、データ分析、製品管理、画像やテキストなどの属性分析、メール送信やメッセージのやり取りなどなど、世界中で便利なツールが次々と豊富に開発提供されています。

    世界各国の新聞紙面のような見た目のレイアウトや、企業のホームページ向けによく見られる3分割などで見せるもの、多数の画像を卒業アルバムの個人写真のように並べたもの等、バリエーションも豊富にあり、無償のものから有償のものまで存在しています。

    ダウンロードして自分で設置する分には、無償のものや有償とはいえ数千円と安価な設定のものも多く、業者に依頼して作成設置してもらう場合より安くすむのもメリットの一つです。

    サポート用のツールとして高価だった多数からの投稿に対して、個別対応や公開対応などを行えるもの、ユーザの口コミなどを投稿してもらってから個別にそれぞれのページに差し込んで表示させるもの等も含めて、備える機能が実に豊富なので、「もはやワードプレスでできないことはない」「有償サービスよりも高機能で安定」といった声も聞かれるほどです。

    ワードプレスの運用方法・運用は簡単なのか?

    例えば、その日のおススメや割引など、季節の話題、日々の日記、企業のプレスリリースといった用途で頻繁に利用されているツイッターやFacebookに代表されるようなソーシャルメディアでは、それぞれの用途に応じた複数のアカウントで運用されていることが多くあります。

    ワードプレスは一度設定してしまえば、後はソーシャルメディアとほぼ同じです。

    情報属性を表すタグそのものを、投稿時に個別に設定することもできますが、プラグインを導入すればツールによっては自動的にある程度、生成してくれるケースなども有ります。

    属性タグを、例えば「今年の流行、ホワイトベース、春SALE、ドラマで注目、ブランド名」等々複数設定することができ設定面が柔軟で、また自サイト内での検索スピードと表示の上でも機能的に勝っています。

    この属性タグを利用した表示機能のバリエーションなどをフルに活用することで、顧客別にカスタマイズされた自分好みのカタログ風サイト演出や、気に入った話題だけを担当者の発言から抽出して一元表示、ウィジェット風表示させるといった利用方法なども行えます。

    この機能から更に表示部分に手を加えて、タグをベースとした、雑誌風や新聞風の見た目の画面形成などもテンプレートやツールで自動的に生成させることが簡単にできます。

    アクセス解析や、マーケティングに使いやすい「可視データを生成するもの」などがあり、「リアルタイム解析」も無料でくみこみこれらを可視化させることができます。

    天候サービスや、その日の話題による購買変化など、時系列が直接購買や情報収集に影響されやすい業種では、大変に使いやすい機能が豊富です。

    デメリットとしては、個別の端末のブラウザに依存した表示や提供機能面が多く、記事作成時には比較的、PC端末側のメモリを多く消費する点が挙げられます。
    この点では、旧然のブラウザを利用した簡単なホームページ作成サイトなどと、ほぼ似た特性を持っています。

    ワードプレスの活用アイディア

    商品を販売するサイトをワードプレス化して、決済画面については外部の決済業者のものを利用することで、これまで高額なシステムを利用してきた通信販売のサイトを、より安く作成することも考えられます。

    また、これまで、通信販売サイトだけではアクセスが伸びなかったケースでは、商品に別の切り口を与えることで見やすさを増大させること、また簡単な読み物、基礎知識などを構成して情報サイトとしても提供できるといった活用方法なども考えられます。

    簡単な設定とはいえ、一部のテーマやプラグインでは、ホームページ作成の知識が必要なこともありますので業者に委託するのも方法の一つです。

    “WordPressの運用方法・運用のヒント”のまとめ

    ということで、今回の記事のまとめです。

    今回の記事では、

    ・ワードプレスのメリット・デメリット
    ・ワードプレスとは?
    ・ワードプレスで作ると、技術的には何がメリット?
    ・ワードプレスで作ると、技術的には何がメリット?
    ・ワードプレスによる作成は簡単にできるのか?
    ・ワードプレスの運用方法・運用は簡単なのか?
    ・ワードプレスの活用アイディア

    という内容についてお伝え致しました。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。