6割の会社や個人事業がホームページからの集客に失敗

    なぜホームページ集客に失敗

    ホームページから集客したい。
    そうお考えの方は多いと思います。

    しかし、統計でみると、多くの会社や個人事業が、ホームページからの集客に失敗しています。(2014年の中小企業白書では「販売客数が増加した」のは37.88%)

    なぜ、6割以上の会社や個人がホームページからの集客に失敗してしまうのでしょうか?

    顧客獲得するつもりがないホームページになっている

    それは、どうやって顧客を獲得するかを中心としてホームページが作られていないというのが大きな原因です。

    もっと言うと、顧客を獲得するつもりがないホームページを作ってしまっている会社や個人が多いのです。

    なぜそうなってしまうのか?というと、ホームページの制作会社が顧客獲得の方法を知らないというのが大きな理由です。

    残念ながら、顧客獲得の方法を知らないところにホームページの制作を依頼してしまっているのが実際のところなのです。

    そのため、顧客獲得できるはずのないホームページができ上がってしまうのです。

    ホームページで顧客を獲得するためには設計が必要

    ホームページで顧客を獲得するためには、何が大切なのでしょうか?
    実は、顧客を獲得するための設計がとても重要になります。

    ホームページに訪れた人に対して、何を提供して、見込み客や顧客になってもらうのか?
    どういうプロセスで顧客になってもらうのか?

    これらを設計しなければ、顧客を獲得することは簡単ではなくなります。

    しかし、これらを設計してホームページを作り、そして、何度かテストしながら上手く機能するようにさえすれば、ホームページで顧客を獲得できるようになるのです。

    ですから、アクセスを集める前に、顧客を獲得する設計をすることのほうが重要なのです。

    どうすれば集客につながらないホームページを改善できる?

    ホームページを作成する段階では、以下の4つの点に注意を向ける必要があります。

    1)目的 何のためにホームページを作成するのか?

    2)企画 どのようなコンセプトで、どのようなコンテンツにするのか?

    3)配置 レイアウトはどのような形にするのか?

    4)作成 目的・企画・配置を踏まえたホームページを作成する

    また、実際に運営していくうえでは以下の3つのステップを踏むことになります。

    1)運用 実際にホームページを運用し始める

    2)分析 顧客獲得への貢献度や、アクセス分析を実施する

    3)改善 問題点を列挙し改善する

    これ以降は、この3つのステップを繰り返しながら、ページ数を増やしていくことになります。

    ホームページを作成しても、最初から上手く行かないケースも多いです。

    しかし、そういうケースであっても、修正と改善を繰り返せば、顧客獲得につなげていくことができます。

    「改善」こそが力を入れるべきポイント

    個人メディア、ECショップ、企業のオウンドメディア、ホームページの種類は数多く存在しますが、アクセスアップをすれば顧客の獲得数が増えると、安易に考えるべきではありません。

    もちろん顧客獲得のためにはアクセスが必要不可欠なのは疑いようのない事実です。

    とはいえ、その他にも考慮しなければならない内容はたくさんあるのです。

    現代の日本では、国民の8割がインターネットを利用していると言われています。
    これほどまでにインターネットが広まった今、ユーザーもインターネットに精通しているということを忘れてはいけません。

    ユーザーは求めている情報を探し、自分の欲求に答えてくれるホームページを選択するのです。

    そのため、アクセスを集めたとしても、役に立つような内容が無ければ、顧客を獲得することはできません。

    ネットに不得手な人にも対応することで顧客の獲得数が上がる

    また、ユーザーの中には、ネットに不得手な人も存在します。

    彼らは簡単な入力操作ですら困難に感じることもあり、「メールでの問い合わせ」や「ネットでの注文」などに抵抗感を覚えていることも多いのです。

    多くのアクセスを集めることも大切ですが、それ以上に、ネットが不得手な見込み客にも応えられるようにしていくことでも、顧客の獲得数を上げることができます。

    そのためには、アクセスしてくれるすべての見込み客を意識して、絶えず修正と改善を積み重ねていくほかないのです。

    ホームページで集客するために注意すべき点

    ホームページで集客をするためには、ホームページを作成する以上に、その後の修正と改善が必要不可欠です。

    また、画像や言葉選び、導線のプランニングなど、他にも注意すべき点はあります。

    常に相手の立場に立ちながら修正と改善を繰り返すことで、顧客獲得につなげることができるようになります。

    顧客獲得できるようにすればすべてOKではない

    ホームページが顧客を獲得できるようになっていればすべてOKなのかというと、そうでもありません。継続的にアクセスを集め続けることも重要となります。

    そのために、ブログを書いたり、有料広告を使うことも大切です。

    そうして、新規のアクセスを集め続ける仕組みもあれば、ホームページで顧客獲得し続けられる仕組みが上手く構築できます。

    アクセスを集めることと成約させることは両輪

    ホームページにアクセスを集めることと、ホームページに来たアクセスを成約させていくことは、車の両輪のようなものです。

    どちらか一方でも欠けてしまうと、新規顧客を獲得し続けることはできなくなります。

    ですから、両方ともをクリアしていくことが必要です。
    両方ともクリアしてはじめて新規顧客を獲得するシステムを持つことができます。

    新規顧客を獲得し続ける仕組みを作るのは、簡単なようで簡単ではありません。

    しかし、それを実現してさえしまえば、あなたは、顧客獲得の悩みから自由になることができます。

    そうすれば、成長する事業を作ることができるでしょう。

    “なぜ、多くの会社や個人事業がホームページからの集客に失敗してしまうのか?”のまとめ

    ということで、今回の記事のまとめです。

    今回の記事では、

    ・6割の会社や個人事業がホームページからの集客に失敗
    ・顧客獲得するつもりがないホームページになっている
    ・ホームページで顧客を獲得するためには設計が必要
    ・どうすれば集客につながらないホームページを改善できる?
    ・「改善」こそが力を入れるべきポイント
    ・ネットに不得手な人にも対応することで顧客の獲得数が上がる
    ・ホームページで集客するために注意すべき点
    ・顧客獲得できるようにすればすべてOKではない
    ・アクセスを集めることと成約させることは両輪

    という内容についてお伝え致しました。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。