ホームページと実際に会っているのとは違う

    ホームページと実際に会っているのとは違う

    反応を取るために重要なことの1つに、内容を一貫させるということがあります。

    インターネットは、実際に会っているのとは違います。
    会っていれば当然分かるはずのことでも伝わらないのです。

    そのため、内容にあまり一貫性がないことを書いてしまうと、読み手は混乱してしまいます。
    ですから、できるだけホームページの内容は一貫していなければなりません。

    ホームページの内容は一貫していなければ、読み手は理解しずらいのです。

    内容を一貫するためには見せ方を考えること

    ホームページの内容を一貫するためには、見せ方を考えることが重要です。

    ホームページで伝えたいと思うことは沢山あります。
    しかし、そのすべてを伝えないようにするのです。

    言い換えると、ホームページで伝える内容を分かりやすい内容だけに絞ります。
    そして、それ以上の内容については、個別の相談や説明会、セミナー、電話予約時などで伝えれば良いのです。

    私たちは、どうしても伝えたいことが沢山出てくるあまりに、ホームページの内容が分かりにくくなりがちです。

    しかし、そうしないで、敢えて分かりやすい内容だけに絞れば、反応が取れるようになります。

    どういう順番で話せば新しい人でも理解しやすいのか?

    どういう順番だと理解しやすいのか?

    顧客を獲得するためのホームページに重要なのは、どういう順番で話せば新しい人でも分かりやすいのか?です。

    ホームページにはじめてアクセスしてきた人にとって分かりにくければ、その人が見込み客となり新規顧客となる可能性は低くなります。

    分かりにくいホームページを頑張って理解しようとする人はほとんどいません。
    それよりは、他のホームページに移動しようとする人のほうが圧倒的に多いのです。

    ですから、新規の人にとって分かりやすいということが極めて重要です。
    これがまず大前提となります。

    顧客獲得から逆算したプランニングの重要性

    HPで顧客獲得するための課題

    プランニングとは、計画や企画を立案して実行することです。

    なぜ計画が必要なのか?というと、ホームページで顧客を獲得するためです。

    そのためには、ホームページのコンセプトはどういうコンセプトにするのか?

    そして、何について情報を発信すれば、あなたの商品やサービスを購入してくれる見込みが高い人を集めることができるのか?

    という計画を立てていくことが重要なのです。

    どんな人が、あなたの商品やサービスの顧客でしょうか?

    さて、まずは見込み度が高い人はどんな人か?ということを少し考えてみましょう。

    どんな人が、あなたの商品やサービスの顧客でしょうか?
    どんな人なら、あなたの商品やサービスの顧客となりえるでしょうか?

    これらの質問の答えが、ホームページに集めたい見込み客となります。

    ペルソナ(理想の顧客)を明確化する

    公開してすぐのHPの顧客獲得は?

    見込み客をよりしっかりと決めるために、有効なのがペルソナです。

    ペルソナとは、あなたの商品やサービスを購入する象徴的な1人の顧客像(架空の人物像)のことです。

    ペルソナを作ると、マーケティングメッセージがブレにくくなる、チームでビジネスをしやすい、見込み客にアプローチする方法が見つけやすくなるなどのメリットがあります。

    アクセスしてきた人にどういう行動をしてもらうのか?

    見込み客がアクセスしてきたら、それで終わりではありません。
    アクセスしてきた人に対して、どういう行動をしてもらうのか?をプランニングしておく必要があります。

    アクセスしてきた人に、まずは無料登録してもらうのか?
    それとも、特定の記事を読んでもらうのか?

    あるいは、お試し商品やサービスを購入してもらうのか?

    アクセスしてきた人にどういう導線をたどって欲しいのか?を設計する。これがとても重要です。

    アクセスから顧客獲得までの一貫性が重要

    ホームページのアクセスを新規顧客に変えていくためには、アクセスから見込み客になって、新規顧客になるまでのプロセスが一貫していることが重要です。

    メッセージがあちこちに飛んでしまうと、見込み客を迷わせてしまうことになります。

    そのため、できるだけメッセージを一貫させる作りにしておくことが重要となります。

    問い合わせフォームだけだとあまり反応が取れない理由

    問い合わせフォームだけだと反応が取れない理由

    ホームページで反応を取るためには、単に問い合わせフォームがあるだけでは、なかなか反応が取れません。
    なぜかと言うと、見込み客にとって、自分の名前やメールアドレスや電話番号などを明かすということは、リスクのある行為だからです。

    そのため、見込み客はこちらが思う以上に、抵抗があります。
    これが単に問い合わせフォームだけだと反応が取れない大きな理由です。

    見込み客はリスクを背負って接触してきます。
    それだけに、それ以上のリターンがあって、はじめて反応します。

    そのため、オファーがとても重要ということになります。

    ホームページから顧客を獲得できない理由の1つは、ホームーページに魅力的なオファーがないからです。

    顧客を獲得できるホームページの考え方

    ホームページから反応を取る

    ホームページから顧客を獲得するためには、見込み客にオファーをしていくことが重要です。受け身の姿勢ではなくて、あなたのほうから主体的に働きかけるのです。

    受け身の姿勢で待つのではありません。
    あなたが見込み客をリードするのです。

    この発想の転換が、あなたのホームページでの集客を可能にします。

    魅力的なオファーがとても重要

    あなたから積極的にアプローチすることで、見込み客や顧客を増やす。
    ホームページで集客するためには、この考え方が非常に重要です。

    そのためには、魅力的なオファーがとても重要となります。

    誰にとって魅力的なのか?ということですが、もちろん、見込み客にとっての魅力的なオファーということになります。

    ホームページにアクセスしてきた全員が喜ぶ申し入れをする必要はありません。
    あなたの商品やサービスを購入する見込みが高い人だけが喜ぶ申し入れをすれば良いのです。

    それだけでも十分、反応を取ることができます。

    “ホームページで問い合わせフォームだけだとあまり反応が取れない理由”のまとめ

    ということで、今回の記事のまとめです。

    今回の記事では、

    ・ホームページと実際に会っているのとは違う
    ・内容を一貫するためには見せ方を考えること
    ・どういう順番で話せば新しい人でも理解しやすいのか?
    ・顧客獲得から逆算したプランニングの重要性
    ・どんな人が、あなたの商品やサービスの顧客でしょうか?
    ・ペルソナ(理想の顧客)を明確化する
    ・アクセスしてきた人にどういう行動をしてもらうのか?
    ・アクセスから顧客獲得までの一貫性が重要
    ・問い合わせフォームだけだとあまり反応が取れない理由
    ・ホームページで顧客を獲得するために重要なオファーとは?
    ・反応しないのはオファーが魅力的ではないから
    ・顧客を獲得できるホームページの考え方
    ・魅力的なオファーがとても重要

    という内容についてお伝え致しました。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。