マーケティングファネルとは?

    どうすればネット集客ができるのだろうか?
    この問いの答えとなるのが、マーケティングファネルです。

    今回は、このマーケティングファネルについてお話しました。

    (※まずは動画をご覧ください。)

    マーケティングファネルとは?

    ファネルとは、漏斗のことです。マーケティングファネルとは、広く集客した上で、ふるいにかけられた見込み客が、検討・商談、そして成約へ流れる中で段々と少数になっていくことを図に表したものです。

    見込み客から受注へと絞り込まれる様子を表現したもののことで、セールスファネルとも言われています。

    最近は、「シェア」共有の文化になってきましたので、ファネルを二つにして、購入するところのファネル「パーチャスファネル」と、購入していただいたあと口コミで広めてもらえるファネル「インフルエンスファネル」を分けて、二つのファネルを作って「ダブルファネル」という表現をしたりするようになりました。

    マーケティングファネルの図

    「パーチャスファネル」がどんなファネルかというと、まず興味をもってもらってそれから無料登録あるいは無料提供して行くことで無料登録してもらいます。

    そして、購入してもらってリピートしてもらったファンになってもらって、共有してもらうというようなファネルですね。このようなファネルで、段々下の方に行けば行くほど人が少なくなって見込み客が絞り込まれていって、購入して更に何度も購入してもらえて濃いお客様になってもらえるということですね。

    このような考え方をマーケティングファネルと言います。そして、このような図をイメージしながら、マーケティングのキャンペーンを打ったり、マーケティング施策をしていくということがとても重要ということになります。

    マーケティングファネルでは、まずは興味を引くことが大切!

    マーケティングファネルを使って広く集客するためには、まずは興味を引くことが大切です。なぜなら、興味を持ってもらわない限りは、情報を受け取ってもらうことができないからです。

    そのため、まずは興味を引く内容でアクセスを集めた後に、無料登録を促して、商品やサービスに興味のある人を見込み客として集めていきます。

    マーケティングファネルはAIDMAの法則がカギ

    AIDMAの法則とは、 1920年代にアメリカ合衆国のサミュエル・ローランド・ホールが示したモデルです。お客がある商品・サービスを知ってから購入に至るまでに次のような段階があるとされています。

    Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→ Memory(記憶)→Action(行動)

    このように、見込み客・顧客の心がこのように変化していくという、心の変化を表したものになります。

    マーケティングファネルで無料登録から購入につなげていくためには、この流れに沿ってコンテンツを配信していくことが大切です。

    マーケティングファネルでは無料登録は魅力的なオファーにすることが重要

    無料登録で広く見込み客を集めるためには、魅力的なオファーを提供することが重要です。
    ここでオファーが魅力的でなければ、無料登録の登録率も下がりますし、その後のアクションにもつながりにくくなります。

    本来は有料で提供したいものを無料提供するぐらいの大胆なプレゼントをすることで、広く見込み客を集めることができます。

    無料登録が倍になれば収益も倍になりますので、最初の無料登録がすごく大切で、ここで本当に多くの人が欲しいもの、特に見込み客となりそうな人が欲しいモノを提供すると。

    そして沢山の人が集まるということが、このマーケティングファネルで成功していくために最も重要ということになります。

    なお、オファーについては下記ページで紹介していますので、併せてご覧いただきますと嬉しいです。

    マーケティングファネルで無料登録から購入へとつなげる具体的な方法

    無料登録から購入までは、ステップメールや動画、接触などを使って育成します。これをリードナーチャリングと言います。ここでは、先ほどのAIDMAの法則に沿って、見込み客の心の変化に合わせたコンテンツを配信していくことが重要となります。

    なお、ステップメールについては下記ページで紹介していますので、併せてご覧いただきますと嬉しいです。

    マーケティングファネルでは、購入してもらってからの付き合いも大切

    マーケティングファネルでは、一度、購入してもらった後の付き合いも大切となります。なぜなら、何度もリピートしてもらう、ファンになって貰うことが重要だからです。

    何度も購入してもらえたら、ライフタイムバリュー(LTV:顧客生涯価値)がどんどん上がりますよね。そうすると、1人顧客を獲得したときに、どのくらい収益をもたらしてくれるのかということが全く変わってきます。

    ですから1度購入してもらったお客様とずっとお付き合いをしていくという気持ちでビジネスをしていくという気持ちが大切です。そして、購入者をファンにすることで、共有してもらえるようにして促していきます。

    こうすることで長期的なビジネスを築くことができます。

    まとめ:マーケティングファネルを組み立てよう

    マーケティングファネルは、特にネット集客には欠かせない考え方です。

    今回お話した内容が、あなたがマーケティングファネルを組み立てるのに少しでもお役に立ちましたら幸いです。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。