LINE@はリピートしてもらうビジネスで有効な集客媒体

    LINE@で集客

    もっと集客数を増やしたい。
    そうお考えの経営者や個人事業主の方は多いでしょう。

    今回は、集客数を増やす方法として、ホームページとLINE@を組み合わせた方法ご紹介します。
    今回の方法は、お店の経営者など、同じ顧客に何度もリピートして貰う必要があるような業種に最適な方法となります。

    実際、LINE@は非常に有効な集客のためのツールです。

    それでは、まず、LINEとはどのようなサービスか?
    おさらいして行きましょう。

    LINEとは?

    LINEは2014年7月31日時点で世界のユーザ数が4.9億人を突破したメッセージアプリで、日本の人口の40%以上の方が使っています。

    性別的には若干、女性のほうが多いですが(56.9%)、居住地、性別、職業を問わず幅広い方に利用されている日本を代表するメッセージアプリと言えます。

    なぜ、こんなに多くの方が使っているのかと言うと、通話料無料で通話ができるからです。
    このメリットが大きいため、ユーザーが爆発的に増えたという訳です。

    LINE@とは?

    「LINE」は普段、友人同士のメッセージアプリとしての使われることが主ですが、それ以外にも様々な機能があって、その中に「LINE@」といった「店舗名でアカウントを取得できる機能」があります。

    平たく言うと「事業者向けのLINEアカウント」ということです。

    スタンダード、プロモーション、上位プランとあるのですが、スタンダードは初期費用0円、月額費用0円で月に1000通までメッセージを配信することが出来ます。

    他では得られないLINE@の強み

    LINE@の強みとして開封率が高いことがあげられます。

    例えば、メールマガジンだと開封率が11.2%しかないものが、LINEのプッシュ通知の場合、開封率は63%にもなります。

    またアンケートや人気投票のようなユーザ参加型のコンテンツを配信できるため、自社サービスや顧客属性の調査にも役立ちます。

    その他、LINEを通して顧客とダイレクトに連絡を取ることも可能です。

    LINE@で既存顧客に接触しよう!

    店舗ビジネスのようなリピートが鍵を握るビジネスは、既存顧客への営業活動が重要です。

    なぜなら、新規顧客に商品やサービスを販売するコストは、既存顧客に商品やサービスを販売するコストの数倍かかることが多いからです。

    実際、一度購入してもらった人にもう一度購入してもらうほうが、人間関係がある分、簡単です。

    ですから、リピートを増やしたいなら、既存顧客と何度も接触する仕組みを作ることが大切です。

    どうやって自社アカウントに登録してもらえば良いのか?

    1、オファーを作る

    登録したら何かをプレゼントするとか、何らかのオファーを作りましょう。
    そうすることで、登録してくれる人を増やしやすくなります。

    2、ホームページにバナーを貼る

    ホームページにアクセスしてきた人に登録を促すことも重要です。

    ホームページは事業者の顔とも言えます。
    そこにLINE@のバナーを貼ることは、LINE@に取り組んでいることのPRとなります。

    2、お店で顧客に登録してもらう

    お店を経営されている方は、お店で登録してもらうことが重要です。

    美容室やサロンなど、顧客との距離感の近い業種だと登録してもらうのは簡単です。

    例えば、登録すれば30%OFFなどの魅力的なオファーがあると、かなりの高確率で登録してもらうことができます。

    具体的な集客方法とは?

    1、クーポン

    クーポンのような顧客にとっての実益を兼ねたものは有効です。

    ただし、5%OFFのような小さな割引では効果もあまり無いかも知れません。

    例えば、金額を大幅に値引きして、その分、別の商品やサービスで利益を出すような仕組みを作る、などの取り組みができれば、既存顧客の活性化にもつながります。

    2、定期的な配信

    あまり少ないと広告媒体としての意味を成さないですし、多すぎてもメッセージを受け取る方からすると迷惑です。

    配信頻度を工夫することが重要です。

    例えば、月1で特別プランを提供したり、3ヶ月に一度くらいのスパンで大幅な割引クーポンを配信すると有効かもしれません。

    サービスの質を上げてファン化しよう

    何度もリピートしてもらうビジネスでは、特にサービスの質が求められます。

    LINE@でメッセージが配信された時にも情報を読んで貰えるように、サービスの質を高めることが大切です。

    サービスの質さえ高ければ、LINE@で情報発信することで、もっと集客することができるでしょう。

    “LINE@を使ってもっと集客する方法”のまとめ

    ということで、今回の記事のまとめです。

    今回の記事では、

    ・LINE@は店舗経営などで有効な集客媒体
    ・LINEとは?
    ・LINE@とは?
    ・他では得られないLINE@の強み
    ・LINE@で既存顧客に接触しよう!
    ・どうやって自社アカウントに登録してもらえば良いのか?
    ・サービスの質を上げてファン化しよう

    という内容についてお伝え致しました。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。