コンバージョン率の高いランディングページの特徴

    ランディングページ(LP)のコンバージョン率をもっと上げたい。

    これからランディングページ(LP)を作りたい。

    そう思われている方のために、コンバージョン率の高いランディングページの特徴についてまとめました。

    (※まずは動画をご覧ください。)

    コンバージョン率の高いランディングページ(LP)に共通している5つの特徴

    コンバージョン率の高いランディングページには共通している5つの特徴があります。

    特徴1:1枚もののページ
    特徴2:余計なリンクがない
    特徴3:大きくて分かりやすい申込ボタン
    特徴4:ターゲットのベネフィット中心に書かれている
    特徴5:ファーストビューが分かりやすい

    順番にお話していきます。

    特徴1:1枚もののページ

    特徴の1つ目は、1枚もののページだということです。

    なぜ1枚もののページのコンバージョン率が高いのか?ということなのですが、それはですね、何ページもページがあるブログのようなページだと、他のページに、注意がそれてしまうからですね。

    あくまでランディングページは行動してもらうためのものです。

    そのため、集中して読んでもらいやすい1枚もののページの方がコンバージョン率が高くなります。

    特徴2:余計なリンクがない

    特徴の2つ目は、余計なリンクがないということです。

    余計なリンク先は逃げ場となります。

    ランディングページは読み手に行動するか否かを問うページなんですね。

    ですから、逃げ場がないほうがコンバージョン率が高くなります。

    買うか買わないか、あるいは登録するか登録しないかとかね、それだけを問うためのページ、それがランディングページとなります。

    ですから、余計なリンク先はいらないということになります。

    特徴3:大きくて分かりやすい申込ボタン

    特徴の3つ目は、大きくて分かりやすい申込ボタンがあるということです。

    なぜ、これがコンバージョン率を上げるのか?というと、申込方法が分かりやすいからですね。

    申込したいと思ったら、申込方法を探さなくてもすぐに申し込めるような分かりやすさがポイントです。

    そのためですね、ページによっては、本当に申込ボタンがものすごい大きい、ページのほとんどね、横幅いっぱいに作っているようなところさえあります。

    なぜそんなことをしているのか?というと、それだけ分かりやすいからですね。

    そのぐらいボタンは大きくてもいいぐらいですね。

    ボタンはとにかく通常のボタンの感覚よりも非常に大きくするということが重要となります。

    そしてですね、もう1つ大切なことが、複数回申込ボタンを出すということですね。

    なぜか?というと、申込したいという気になったら、その時にもう申込ボタンがすぐ見えるところにあった方がより申込率、コンバージョン率を上げることができるからですね。

    ですから、できるだけ複数回、まず最初のファーストビューの中にもあって、それからその下にもまたボタンがあってって何度もボタンを出すということがとても大切。

    申込ボタンを複数回出現させることも重要となります。

    特徴4:ターゲットのベネフィット中心に書かれている

    特徴の4つ目は、内容がターゲットにとってのベネフィット、読み手にとってのメリットですね、を中心に書かれているということです。

    商品やサービスの特徴や機能だけを説明していってもですね、なかなかですね、欲しい!ってならないんですね。

    もちろん買う時の正当、買った後の正当化とか行動した後の正当化の理由には、特徴も機能もなるんですけど、欲しい!と思うその瞬間には、メリットで動くんですね。

    読み手にとってのメリット。これを手にすることで、どんな良い事があるのか?どんなメリットがあるのか?私にとってどんな意味があるのか?ということですね。

    それを中心に書いていくことがとても大切となります。

    商品やサービスの特徴や機能だけを説明しても、コンバージョン率の高いランディングページにはなりません。ベネフィットを書いていくことが大切となります。

    なお、ベネフィットについては下記ページで紹介していますので、併せてご覧いただきますと嬉しいです。

    特徴5:ファーストビューが分かりやすい

    特徴の5つ目は、ファーストビューですね。
    スクロールしなくても見れる最初の一画面のことをファーストビューと言うんですけど、これが分かりやすいということですね。

    ファーストビューが分かりにくいページでコンバージョン率の高いページはありません。

    パッと見て分かりにくかったら、すぐ離脱しちゃうんですね。

    ネットっていつでも×ボタンを閉じられますので、簡単に×ボタンで閉じてしまわれる、逃げられちゃうわけですね。

    なので、ファーストビューが勝負を握っているということで、ファーストビューでもう勝負が決まってしまうんですね。

    最初の見た、その瞬間に、これは登録しよう、登録しないとか、あるいはこれ読んでみようと思わせないと、なかなかですね、高いコンバージョン率を上げることはできません。

    なので、コンバージョン率の高いランディングページを作りたいなら、ファーストビューを大切にすることが重要となります。

    まとめ:コンバージョン率の高いランディングページには共通の特徴がある

    ここまで、コンバージョン率の高いランディングページの共通の特徴について見てきました。

    この情報が、あなたがコンバージョン率の高いランディングページを作るために、少しでもお役に立てば幸いです。

    追伸:

    コンバージョン率の高いランディングページを作るためには、コピーライティングが重要です。
    これらの記事も併せてご覧ください。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。