イノベーター理論

    新商品・サービスを普及させるのに大切な理論に、イノベーター理論とキャズムがあります。
    今回は、このイノベーター理論とキャズムについてお話しいたします。

    (※まずは動画をご覧ください。)

    イノベーター理論とは?

    1962年にアメリカ、スタンフォード大学の社会学者、エベレット・M・ロジャーズ教授が提唱したイノベーション普及に関する理論です。新商品・新サービスがどのように市場に浸透するかを表したモデルのことです。

    イノベーター理論では、構成メンバーを5つに分類します。

    イノベーター理論の分布図

    イノベーター2.5%、アーリーアダプター13.5%、アーリーマジョリティ34%、レイトマジョリティ34%、ラガード16%。このような分布になっていると捉えるのがイノベーター理論となります。

    イノベーター理論の5つの分類

    1)イノベーター、革新者2.5%
    2)アーリーアダプター、初期採用者13.5%
    3)アーリーマジョリティ、前期追随者34%
    4)レイトマジョリティ、後期追随者34%
    5)ラガード、遅滞者16%

    の5つとなります。順番に見て行きましょう。

    イノベーター理論の5つの分類

    1) イノベーター(革新者)
    新しい商品、サービスを進んで採用するグループ。全体の2.5%です。

    新商品・新サービスの導入に最も積極的です。マーケティングが始まる前に予約購入している人とか、そういった方をイノベーターという風に言います。価値観が一般とは少しずれている、浮いている層であるため、商品・サービスはイノベーターだけが買ってもまだ広がらないということにはなります。

    ですが、最初に買っていただけるすごく大切な方々ということになります。

    2)アーリーアダプター(初期採用者)
    世界と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断するグループです。全体の13.5%です。

    新しいものを購入して話題にしたいという欲求があります。新商品・新サービスの購入に前向きな方です。

    3)アーリーマジョリティ(前期追随者)

    新しい様式の採用には比較的慎重なグループです。全体の34%です。実用性を重んじ、新商品・新サービスの導入は控えめとなります。
    アーリーアダプターからの影響を強く受け、新商品・サービスを実際に市場に浸透させるための役割を果たす層でもあるため、ブリッジピープルとも言われたりします。

    4)レイトマジョリティ(後期追随者)

    新しい商品・サービスの採用には懐疑的で周囲の大多数が試している場面を見てから、ようやく同じ選択をするグループです。全体の34%。

    新しい商品・サービスを扱うのに抵抗があります。新しい商品・サービスの利用者が過半数を超えてきて、自身も導入を決めるためフォロワーとも言われます。

    5)ラガード(遅滞者)
    最も保守的。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しません。全体の16%です。最後まで購入しない人もいます。伝統主義者とも言われています。

    イノベーター理論と対をなす、キャズム理論とは?

    次にキャズム理論についてもお話しいたします。

    キャズム理論とは1991年にマーケティングコンサルタントのジェフリー・A・ムーアが書籍『キャズム』の中で発表した、特にハイテク分野における新商品・サービスの広がりを阻む深い溝、キャズムのことです。

    アーリーアダプターとアーリーマジョリティには深い溝、キャズムがあり、この溝を越えられない商品・サービスは市場から消えていくことになるという考え方です。

    キャズム理論はイノベーター理論の「初期市場を担う層を重要視するべき」という考え方を覆しました。

    キャズム理論は市場に大きく浸透させて行くためには途中で戦略を変えなければならないということを示しています。

    深い溝がどこにあるかと言うと、このアーリーアダプターとアーリーマジョリティの間にあるということです。

    キャズム理論の図

    イノベーター、アーリーアダプターが採用した後ですね、この深い溝、キャズムを超えることができたら一般に広く広がっていく。アーリーマジョリティ、レイトマジョリティと広がっていって、新商品・サービスが大きく成功するということになります。

    なので、深い溝、キャズムを超えるのがとても重要ということになります。

    アーリーマジョリティを獲得するためには安心感が重要

    アーリーマジョリティに新商品・サービスを受け入れられるためには安心感を作り出すことが重要です。

    なぜなら、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガードの3つの分類に入ってくる層は強く安心感を求めているからです。

    そのため、周囲が持っているものも自分も手に入れるという追随の戦略を持って新商品やサービスを選択しています。

    誰かが買っていて、良いなと思って初めてそれを確認して買うということですね。そういう買い方をしていると。

    ですから、どのようにして安心感を作り出していくのかがキャズムを超えるために重要なこととなります。

    インターネットのマーケティングでも新商品・サービスを大きく普及させていくためには、どのようにして安心感を作り出すのかということがとても大切ということになります。

    まとめ:イノベーター理論とキャズム理論は新商品・サービスを普及させるために重要

    イノベーター理論とキャズム理論は新商品やサービスを普及させるために重要な理論です。これらの内容が、あなたがマーケティング戦略を立案する上で少しでもお役に立ちましたら幸いです。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。