ホームページをスマートフォンに対応することの重要性

    スマートフォン

    ホームページから集客したい。
    そう思いの方は多いと思います。

    そういう方に欠かせないのが、スマートフォン対応です。

    なぜかというと、今、ホームページへアクセスする人の中には、スマートフォン利用者が増えてきているからです。

    業種・業態にもよりますが、実に多くの人が、スマートフォンからホームページを見ているのが実態です。

    そのため、スマートフォンに対応することがとても重要なのです。

    レスポンシブWEBデザインが簡単

    では、どうすればスマホに対応できるのでしょうか?
    お勧めは、レスポンシブWEBデザインと呼ばれるデザインにすることです。

    レスポンシブWEBデザインとは、パソコン、タブレット、スマートフォンなどのウインドウのサイズに合わせて、自動的にページのデザインを最適化する技術のことです。

    レスポンシブだと、どの端末からアクセスしても最適な画面で見られますので、スマホからのアクセスも逃すことがないのです。

    レスポンシブWEBデザインだとURLを統一できる

    パソコン用とモバイル用のURLを分けてしまうと、URLが複数存在することになり、2つのURLを告知しなければなりません。

    しかし、レスポンシブWEBデザインだと、1つのURLを告知すればすみますので、今回はどちらのURLを掲載しようか?を考えなくてよくなります。

    さらに、ホームページを修正するときも簡単で、1回、修正すればそれでOKです。

    しかし、パソコン用とモバイル用と分かれていると、両方とものページを修正しなければならないために、修正が大変となります。

    レスポンシブWEBデザインだと検索エンジンにも有利

    レスポンシブWEBデザインだと検索エンジンにも有利に働きます。
    1つしかURLがないために、告知も簡単で、アクセスもアップしやすくなります。

    また、シェアされやすいなど、ソーシャルメディアで広がりやすいというメリットもあります。
    ホームページから顧客獲得したい方にとっては、レスポンシブWEBデザインはお勧めです。

    レスポンシブのデメリットは顧客獲得には関係ない

    レスポンシブのデメリットとして、パソコンとモバイルのユーザーの利用目的の違いを挙げている方は多いです。

    しかし、顧客獲得するためのホームページに限って言うと、この違いは特に関係ありません。

    ですから、レスポンシブWEBデザインにするデメリットはあまり見当たりません。

    そこで、顧客を獲得するためのホームページであれば、レスポンシブWEBデザインをお勧めしています。

    レスポンシブWEBデザインに簡単に変える方法

    あなたがワードプレスでホームページを作っているなら、簡単にレスポンシブWEBデザインに変える方法があります。

    それは、レスポンシブ対応のテンプレートに変更することです。

    そうするだけで、ホームページをレスポンシブWEBデザインにすることができます。
    そうすれば、簡単にスマホ対応のホームページを作ることができます。

    また、ワードプレス以外でも、レスポンシブ対応のテンプレートがありますので、こちらを使えば、簡単にレスポンシブに対応できます。

    “ホームページをスマホ対応してアクセスを上げる方法”のまとめ

    ということで、今回の記事のまとめです。

    今回の記事では、

    ・ホームページをスマートフォンに対応することの重要性
    ・レスポンシブWEBデザインが簡単
    ・レスポンシブWEBデザインだとURLを統一できる
    ・レスポンシブWEBデザインだと検索エンジンにも有利
    ・レスポンシブのデメリットは顧客獲得には関係ない
    ・レスポンシブWEBデザインに簡単に変える方法

    という内容についてお伝え致しました。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。