顧客獲得しにくい業種はどうやって顧客獲得すれば良いのか?

    顧客獲得しにくい業種の顧客獲得

    ホームページで顧客を獲得したい。
    もしあなたが経営者や個人事業主なら、そう思われる方が多いでしょう。

    しかし、ビジネスによっては顧客を獲得しづらい業種もあります。
    今回は、顧客を獲得しにくい業種ではどうやって顧客を獲得すれば良いのか?その方法についてお話しします。

    ニーズが顕在化していないビジネスの顧客獲得にはコツがある

    コンサルティングのようにニーズが顕在化していないビジネスで顧客を集める時は、ホームページにサービスを書いただけでは顧客は獲得できません。

    なぜかと言うと、ニーズが顕在化していないため、相手が必要性を感じていないからです。

    ですから、よくある通常のアプローチでは、顧客を獲得できません。
    では、どうすれば良いのでしょうか?

    2ステップのマーケティングで顧客を獲得できる

    ニーズが顕在化していないビジネスでも2ステップのアプローチにすれば顧客を獲得できます。つまり、最初は見込み客を集めるだけにするのです。

    そして、集めた見込み客に対して、ステップメールや動画で温めながら、同時に、ニーズを掘り起こすということを行います。

    そして、それからもう1枚のランディングページでサービスを紹介するようにするのです。

    2ステップのマーケティングをより深く理解するためには、リードジェネレーションについて紹介している、こちらの記事も併せてご覧ください。

    ステップメールの書き方について紹介している、こちらの記事も併せてご覧ください。

    他のものを売るという方法もあります

    ニーズが顕在化していない業種の場合は、ニーズが顕在化している他のものを売るという方法もあります。

    例えば、リフォームの顧客を獲得するために、リフォームそのものではなくて畳の張り替えをオファーするという方法です。

    仕組みが上手くできれば、この方法も非常に上手く行きやすい方法の1つです。

    ニーズが顕在化しているビジネスは1ステップでOK

    逆に、ニーズが顕在化しているビジネスは1ステップでOKです。

    その代わり、ライバルとの競争がありますので、ライバルがいる中での選ばれる理由が重要となります。

    多くのライバルがいる中で、また行動しないという選択肢もある中で、あなたの商品やサービスを選ぶ理由は何か?

    それを明確にしてホームページで打ち出すことが重要になります。

    違いを知った上で適切な施策を打つことの重要性

    ニーズが潜在化しているビジネスとニーズが顕在化しているビジネスは、似ていてもまるで違うところがあります。

    ですから、あなたの業種はどちらなのか?ということを知ることはとても重要で、違いを知った上で適切な施策を打つことが重要です。

    ニーズが顕在化しているかどうかは、見込み客が検索エンジンで検索して探しているかどうかということです。

    検索して探していない業種の場合は、売り方を考え抜く必要があります。

    あなたの業種はどちらでしょうか?
    まずはこれを押さえることが重要です。

    “ホームページで顧客獲得しにくい業種で顧客を獲得する方法”のまとめ

    ということで、今回の記事のまとめです。

    今回の記事では、

    ・顧客を獲得しにくい業種はどうやって顧客獲得すれば良いのか?
    ・ニーズが顕在化していないビジネスの顧客獲得にはコツがある
    ・2ステップのマーケティングで顧客を獲得できる
    ・他のものを売るという方法もあります
    ・違いを知った上で適切な施策を打つことの重要性

    という内容についてお伝え致しました。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。