目次

    どのようにホームページを計測して改善するのか?

    ホームページ計測改善

    ホームページを運営していくにあたって、アクセスの詳細を計測して、さらなるアクセスアップのために改善していくことは必須のスキルと言えます。

    しかし、いわゆるアクセス解析というのはハードルが高い印象をもたれることが多いのか、自分ではどのようにやっていいか分からないという方も珍しくありません。

    そこで今回は、どのようにホームページを計測して改善するのか?という方法について、基本からお伝えします。

    ホームページを計測するツール

    グーグルアナリティクス

    まずは、ホームページを詳しく計測するツールをご紹介します。

    Googleが提供する無料のアクセス解析ツール、Googleアナリティクスです。

    Googleアナリティクスには実に多くの機能が搭載されていますが、まずは計測を行う時のポイントからお伝えします。

    計測を行う時にもポイントがある

    グーグル

    計測する時に押さえておきたいポイントがあります。

    Google Analyticsを用いてホームページの計測をしようとします。

    すると、膨大な種類の数値やデータが並んでいて、どこから考えていいのかわからないという人も多いでしょう。

    しかし、数あるデータの中で本当に必要なものは、実は限られているのです。

    こういったポイントを知らずにあらゆるデータを分析しようとした場合、結果的に意味のない計測になってしまうということもあり得ます。

    データを扱う時には目的から

    目的

    あらゆるデータも、全てはなんのために用いるのか?という視点で、役に立ったり役に立たなかったりするものです。

    まずは、データを用いる目的を明らかにしておくことが、計測をする段階の準備として重要なことになります。

    その目的ですが、アクセスアップ、引いては顧客獲得につなげるということです。

    ですから、その目的から外れているデータは、分析する必要はないということになります。

    アクセスを計測する上での基本的な5つのポイント

    それでは、ホームページのアクセスを計測する方法として基本的な5つのポイントを見ていきます。

    1、ホームページの訪問者数はどれくらいか?
    2、どのようなキーワードで流れてきたのか?
    3、どのようなサイトから流れてきたのか?
    4、最初にどのページにたどり着いたのか?
    5、コンバージョンは取れているのか?

    1、ホームページの訪問者数はどれくらいか?

    Googleアナリティクスで見るべき最初の数字は、セッション数およびユーザー数です。

    セッション数とは、「(リピートを含む)総訪問者数」のことで、ユーザー数とは、「(リピートをカウントしない)総訪問者数」のことです。

    なぜ、これらの数字が大切なのかというと、これらの数字が分かると、成約率(コンバージョン率)が計算できるようになるからです。

    例えば、あなたのホームページが、電話で問い合わせを受け付けていたとします。
    そして、1か月にホームページから3回電話が鳴っていたとしますよね。

    そして、ユーザー数は1か月に1015だったとします。
    そうすると、このホームページの成約率は、3/1015=0.3%となります。

    このような形で、ホームページの成約率を計算できるようになるという訳です。

    2、どのようなキーワードで流れてきたのか?

    ホームページの計測方法として、どのようなキーワードを検索してあなたのホームページにたどり着いたのか?ということを調べることができます。

    自分が狙っているキーワードをもとにちゃんと人が集まっているのか?ということは、ホームページを有効に活用していく上で非常に重要となります。

    例えば、パーソナルトレーニングのホームページなのに、勉強法を検索した人が流れてきていては、いつまでたっても売り上げは立ちません。

    では実際に、ユーザーはどんなキーワードで検索しているのでしょうか?

    オーガニックキーワード

    「集客→キャンペーン→オーガニック検索キーワード」で、ホームページがどんなキーワードで検索されているのかをチェックできます。

    これを使うと、自分では予想もつかなかったキーワードで検索して来ている人が数多くいるこケースがよくあります。

    その場合、検索数の多いキーワードに応じたコンテンツを作成したり、よく見られているページを修正したりすることができます。

    3、どのようなサイトから流れてきたのか?

    検索エンジン以外からの流入としては、他サイトに表示されているリンクや、FACEBOOKなどのSNSからのリンクがメインになるでしょう。

    ここで重要なことは、各流入元から来たアクセスの直帰率を計測するということです。

    直帰率とは、あなたのホームページに訪れた人々の中で1ページのみを閲覧して別のサイトに移った人がどれだけいるのか?ということを表します。

    この数値が低ければそれだけあなたのホームページに興味を示しているということになり、逆に数値が低ければ面白くないと感じたためそのページを離れたことになります。

    直帰率は流入元により特徴が出やすいため、それを知ることで各流入元に対して策を講じることができるのです。

    では、ユーザーはどこから見に来てくれているのでしょうか?

    ランディングページ

    ページの中からひとつ選び、そのページをクリックした後、ページというセルの上部にある「セカンダリディメンション」から「行動」をクリックしてから「ランディングページ」をクリックすると、そのページを見るきっかけになったページがわかります。

    これを使うと、ユーザーがどこからページにアクセスしているのか?がわかります。

    この仕組みを上手く使えば、ランディングページにどうやって誘導するのか?についての戦略を考えることができます。

    4、最初にどのページにたどり着いたのか?

    Google Analyticsの中に、ランディングページという指標もあります。

    Google Analyticsでは、一般的に使われているランディングページという意味合いとは少し異なり、最初にアクセスされたページのことをランディングページと表現されています。

    それぞれのランディングページに対して直帰率を調べていくことで、魅力的と思われていないページを明らかにすることができます。

    これらに対してはコンテンツの充実を図ることや、導線の改善などを行うことで、訪問客を引き込み、直帰率を下げることができます。

    逆に直帰率が低いランディングページはうまく訪問客を引き込んでいるということなので、そのままにしておきます。

    5、コンバージョンは取れているのか?

    ホームページを計測することで、どういった動きを取った場合、コンバージョンにつながるのか?といったことを知ることができます。

    例えば、あるページからは商品購入が多いが、別のページからの商品購入が少ない、またはA⇒B⇒Cの順にページを見た人は名前とメールアドレスを登録する割合が高いが、A⇒C⇒Bの順番でページを見た人はほとんど登録していないといった内容を知ることができるのです。

    そうすることで、自分がしてほしい行動をなるべく訪問者に取ってもらえるよう、さまざまな対策をすることができます。

    ホームページにどんな人がアクセスしているのか調べる

    アクセスと人

    ホームページにどんな人が来ているのだろうか?
    ホームページを運営している人なら、気になる方も多いかも知れません。

    もちろんホームページではアクセスしてきた人の顔は見えません。
    しかし、かなりのところまでユーザーを分析することができます。

    ユーザーが見ているのはどんなページなのか?

    a

    Googleアナリティクスにログインして、左メニューの下のほうにある「行動→サイトコンテンツ→すべてのページ」を開くと、PVの多いページが表示されます。

    たくさん見られているページがわかる

    普通に表示するとページビューの多い順にサイト内のページが並びます。
    これを使うと、人気のある記事が分かったり、自分のプランニング通りにページが見られているかどうかが分かります。

    プランニング通りにページが見られていない場合は、本来見てほしいページ(ランディングページ)へのリンクをよく見られているページに設置するなどの対策をすることができます。

    どのくらいページを見てくれているかわかる

    平均ページ滞在時間

    表の中の「平均ページ滞在時間」をクリックすると、長く見られているページ順に並びます。

    長く見られているということは重要なコンテンツが書き込まれている可能性があります。
    短いときは、ユーザーにとってはあまり役に立っていない可能性が高いです。

    Googleは滞在時間の長いページを評価する傾向にありますので、ユーザーになるべく長く滞在してもらったほうが検索エンジンでは有利です。

    そこで、滞在時間の短い記事と滞在時間の長い記事の違いは何か?をよく観察して、滞在時間が長くなるように工夫してみましょう。

    ユーザーはどんな人間なのか?

    ユーザーの分布

    「ユーザー→ユーザーの分布」を使うと、ユーザーについてのさまざまな情報がわかります。

    「年齢」と「性別」がわかるので、想定している見込み客を集めることができているかどうかを確認できます。

    ホームページではアクセスしてきているのが誰なのかが分からないため、この項目は非常に強力です。

    また、アクセスに合わせてホームページの内容を変えていくこともできます。

    例えば、コンテンツの書き方やホームページの作り方など、年齢・性別だけでも表現の仕方は変わることもあるでしょう。

    ユーザーはどんなキーワードで検索しているのか?

    オーガニックキーワード

    「集客→キャンペーン→オーガニック検索キーワード」で、ホームページがどんなキーワードで検索されているのかをチェックできます。

    これを使うと、自分では予想もつかなかったキーワードで検索して来ている人が数多くいるこケースがよくあります。

    その場合、検索数の多いキーワードに応じたコンテンツを作成したり、よく見られているページを修正したりすることができます。

    Googleアナリティクスには、多くの機能が搭載されている

    さらに、Googleアナリティクスにはこれ以外にも実に多くの機能が搭載されています。

    例えば、ユーザーがすぐにホームページから離れているページや、ユーザーが使っている機器の種類、アクセスしてきている地域などまでGoogleアナリティクスでチェックできます。

    どうやったら計測できるか、ぜひ、ご自分で試してみましょう。
    そうすれば、たくさんの情報を手に入れることができるでしょう。

    ホームページで顧客を獲得するために大切な数字

    顧客獲得できるかどうかの数字

    ホームページで顧客を獲得するために欠かせないのが成約率(コンバージョン率)です。

    成約率は、ホームページで顧客獲得していくために欠かせない指標です。
    一定期間内の申込件数を、アクセス数で割って算出します。

    例えば、あるホームページのアクセス数が300で、申込が3件あったとしたら、成約率は1%です。アクセス数が600で申込が3件であれば、成約率は0.5%となります。

    計算式は、それぞれ、3/300=1%、3/600=0.5%となります。

    成約率を計測する方法は簡単です。

    一定期間の申込数を調べて、その間のアクセス数を調べれば良いだけです。
    そうすれば、割り算すれば成約率は簡単に分かります。

    そういった意味でも、Googleアナリティクスは使わないと損です。
    使っていない方は、今日からお使いいただくことがお勧めです。

    成約率が顧客獲得できるかどうかを決める

    顧客獲得

    ホームページの顧客獲得では、顧客獲得できるかどうかを決めます。

    なぜなら、成約率が2倍になると、申込数も2倍になるからです。

    さらに、成約率が高いと広告に出稿することもできるようになります。
    そのため、成約率が2倍になると、申込数を何倍にもすることができるようになります。

    成約率を上げることに重点を置こう

    ホームページから顧客獲得したいなら、成約率が大切です。
    成約率を計測して、成約率を重視しましょう。

    成約率を上げれば、申込数を何倍にもできます。
    ですから、成約率を少しでも上げることを重視していくことが重要です。

    ホームページの計測はそこまで難しいものではない

    このように、ホームページの計測はそこまで難しいものではなく、シンプルなものです。

    そしてさらに大切なことは、“ユーザーはなにか役に立つ情報やサービスを求めている”という意識を持つことです。

    そうすることで常にユーザー目線で、自分のコンテンツを考えることができます。

    そこに今回の計測を実行することで、ホームページの効果もより大きくなってくるでしょう。

    ※この続きは→ 顧客を獲得できる魅力的なホームページの作り方

    “ホームページで成約率を計測して改善する方法”のまとめ

    ということで、今回の記事のまとめです。

    今回の記事では、

    ・どのようにホームページを計測して改善するのか?
    ・ホームページを計測するツール
    ・計測を行う時にもポイントがある
    ・データを扱う時には目的から
    ・アクセスを計測する上での基本的な4つのポイント
    ・ユーザーが見ているのはどんなページなのか?
    ・ユーザーはどんな人間なのか?
    ・ユーザーはどんなキーワードで検索しているのか?
    ・Googleアナリティクスには、多くの機能が搭載されている
    ・ホームページで顧客を獲得するために大切な数字
    ・成約率がキャンペーンの成否を決める
    ・成約率を上げることに重点を置こう
    ・ホームページの計測はそこまで難しいものではない

    という内容についてお伝え致しました。

    ※この続きは→ 顧客を獲得できる魅力的なホームページの作り方

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。