ホームページにどんな人がアクセスしているのか?

    ホームページの計測

    ホームページにどんな人が来ているのだろうか?
    ホームページを運営している人なら、気になる方も多いかも知れません。

    もちろんホームページではアクセスしてきた人の顔は見えません。
    しかし、かなりのところまでユーザーを分析できるツールがあります。

    それがGoogleが提供する無料のアクセス解析ツール、Googleアナリティクスです。

    Googleアナリティクスを設置すると、ユーザーが把握できる

    実は、Googleアナリティクスを設置すると、ホームページにきたユーザーがどんな人物で、どんな行動をとっているのかを計測できます。

    もちろん、アナリティクスは計測ツールなので、設置するだけでおしまいではありません。
    どんなすぐれた道具でも、使いこなさなければ意味がないのです。

    今回は、ホームページを計測するにあたって、重要な3つの計測方法を紹介しましょう。

    ユーザーが見ているのはどんなページなのか?

    a

    Googleアナリティクスにログインして、左メニューの下のほうにある「行動→サイトコンテンツ→すべてのページ」を開くと、PVの多いページが表示されます。

    1)たくさん見られているページがわかる

    普通に表示するとページビューの多い順にサイト内のページが並びます。
    これを使うと、人気のある記事が分かったり、自分のプランニング通りにページが見られているかどうかが分かります。

    プランニング通りにページが見られていない場合は、本来見てほしいページ(ランディングページ)へのリンクをよく見られているページに設置するなどの対策をすることができます。

    2)どのくらいページを見てくれているかわかる

    平均ページ滞在時間

    表の中の「平均ページ滞在時間」をクリックすると、長く見られているページ順に並びます。

    長く見られているということは重要なコンテンツが書き込まれている可能性があります。
    短いときは、ユーザーにとってはあまり役に立っていない可能性が高いです。

    Googleは滞在時間の長いページを評価する傾向にありますので、ユーザーになるべく長く滞在してもらったほうが検索エンジンでは有利です。

    そこで、滞在時間の短い記事と滞在時間の長い記事の違いは何か?をよく観察して、滞在時間が長くなるように工夫してみましょう。

    3)どこから見に来てくれているかわかる

    ランディングページ

    ページの中からひとつ選び、そのページをクリックした後、ページというセルの上部にある「セカンダリディメンション」から「行動」をクリックしてから「ランディングページ」をクリックすると、そのページを見るきっかけになったページがわかります。

    これを使うと、ユーザーがどこからページにアクセスしているのか?がわかります。

    この仕組みを上手く使えば、ランディングページにどうやって誘導するのか?についての戦略を考えることができます。

    ユーザーはどんな人間なのか?

    ユーザーの分布

    「ユーザー→ユーザーの分布」を使うと、ユーザーについてのさまざまな情報がわかります。

    「年齢」と「性別」がわかるので、想定している見込み客を集めることができているかどうかを確認できます。

    ホームページではアクセスしてきているのが誰なのかが分からないため、この項目は非常に強力です。

    また、アクセスに合わせてホームページの内容を変えていくこともできます。

    例えば、コンテンツの書き方やホームページの作り方など、年齢・性別だけでも表現の仕方は変わることもあるでしょう。

    ユーザーはどんなキーワードで検索しているのか?

    オーガニックキーワード

    「集客→キャンペーン→オーガニック検索キーワード」で、ホームページがどんなキーワードで検索されているのかをチェックできます。

    これを使うと、自分では予想もつかなかったキーワードで検索して来ている人が数多くいるこケースがよくあります。

    その場合、検索数の多いキーワードに応じたコンテンツを作成したり、よく見られているページを修正したりすることができます。

    Googleアナリティクスには、多くの機能が搭載されている

    さらに、Googleアナリティクスにはこれ以外にも実に多くの機能が搭載されています。

    例えば、ユーザーがすぐにホームページから離れているページや、ユーザーが使っている機器の種類、アクセスしてきている地域などまでGoogleアナリティクスでチェックできます。

    どうやったら計測できるか、ぜひ、ご自分で試してみましょう。
    そうすれば、たくさんの情報を手に入れることができるでしょう。

    “顧客を獲得するためのホームページの計測方法”のまとめ

    ということで、今回の記事のまとめです。

    今回の記事では、

    ・ホームページにどんな人がアクセスしているのか?
    ・Googleアナリティクスを設置すると、ユーザーが把握できる
    ・ユーザーが見ているのはどんなページなのか?
    ・ユーザーはどんな人間なのか?
    ・ユーザーはどんなキーワードで検索しているのか?
    ・Googleアナリティクスには、多くの機能が搭載されている

    という内容についてお伝え致しました。

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。