3C分析とSWOT分析

    マーケティングにおいて強みを活かすことはとても大切です。
    強みを分析する手法には、3C分析とSWOT分析の2つの分析法があります。

    今回は、少し分かりにくい、この2つの分析法についてお話しました。

    (※まずは動画をご覧ください。)

    マーケティングには強みが必要

    マーケティングでターゲティングをして、ポジショニングをしていくためには、自社(もしくは自分)の強みが必要です。

    ターゲティングをする上では、自社(自分)の得意とセグメントの組み合わせが良いことが大切となります。

    セグメントと言うのは、市場を細分化して、分割した小さな顧客層のことをセグメントと言う訳ですけど、このセグメントと、自社の得意、強みが組み合わせが良いということがターゲティングでとても大切なことと言うことになります。

    ということは、自社(自分)の強みを知っておくことがとても重要ということになりますので、ここでは強みを分析するということをお話します。

    今回は、3C分析とSWOT分析という2つの分析手法で、自社(自分)の強みを分析する方法についてお話します。

    なお、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングについては下記ページで紹介していますので、そちらも併せてご覧いただきますと嬉しいです。

    強みを分析できる3C分析とは?

    3C分析とは、下記の3つの要素から分析するという手法です。

    顧客(市場)(Customer)
    競合(Competitor)
    自社(Company)

    の3つです。
    3つのCから分析するので、3C分析と呼ばれています。

    外部環境である市場と競合の分析から強みを分析する方法となります。
    具体的に見ていきましょう。

    顧客(市場)(Customer)
    -顧客が求めている商品・サービスは何か?
    -見込み客や市場について分析し、正確に把握することがポイントとなります。

    競合(Competitor)
    -競合はどの会社(個人)か?何社(何人)ぐらいいるのか?
    -競合の提供する商品・サービスは何か?
    -競合はどのような戦略を立てているのか?

    自社(Company)
    -自社(自分)の経営資源やビジネス活動は?
    -売上・市場シェア・利益・顧客数などはどうか?

    これらを見ていくのが3C分析ということになります。

    まずは、顧客、市場ですね、市場と競合という外部の要因を確認して、それから自社(自分)を見ていく。そして強みを確認していくというのが3C分析となります。

    強みを分析できるSWOT分析とは?

    SWOT分析とは、下記の4つの要素から分析するという手法です。

    強み (Strengths)
    弱み (Weaknesses)
    機会 (Opportunities)
    脅威 (Threats)

    の4つで、頭を取ってSWOTですね。SWOT分析と呼ばれています。

    内的要因と外的要因の両方から強みを分析する方法となります。
    具体的に見ていきましょう。

    強み (Strengths)
    -目標達成に貢献する自社(自分)の特質
    -得意なことや好きなことは何か?

    弱み (Weaknesses)
    -目標達成の障害となる自社(自分)の特質
    -苦手で嫌いなことは何か?他人から批判されることは何か?

    機会 (Opportunities)
    -目標達成に貢献する外部の特質
    -チャンスとなることは何か?

    脅威 (Threats)
    -目標達成の障害となる外部の特質
    -夜も眠れないほどの悩みは何か?

    SWOTのクロス分析

    SWOTにはクロス分析という、クロスさせて分析することで色々な気づきを得る方法がありますので、こちらも紹介しておきます。

    強み×機会(強みと機会をクロスさせる)
    -「強み」によって「機会」を最大限に活用するために取り組むべきことは何か?
    -これが最も重要と言われています。

    強み×脅威(強みと脅威をクロスさせる)
    -「強み」を活かして「脅威」を機会に変える差別化とは何か?

    弱み×機会(弱みと機会をクロスさせる)
    -「弱み」を補強して「機会」を掴むために取り組むべきことは何か?

    弱み×脅威(弱みと脅威をクロスさせる)
    -「弱み」と「脅威」により最悪の結果となることを避けるために取り組むべきことは何か?

    こういった質問によって、戦略を見つけることもできるというのが、SWOTのクロス分析ということになります。

    まとめ:3C分析とSWOT分析で強みを分析しよう!

    今回お話した3C分析とSWOT分析は、自社(自分)の強みを分析するのに使える分析法です。

    これらを上手く使ってマーケティングに活かせる自社(自分)の強みを見つけていきましょう!

    動画50本超・250分超の本格的マーケティング無料教材 顧客獲得バイブル Dr.マーケティングを無料で提供します。ご希望の方は今すぐ下記フォームにご登録下さい。