宮川明のホームページへアクセスいただきまして、ありがとうございます。

私は、もともと10数年前に友人と2人で起業しました。
もし1人だったら、起業していなかったかも知れません。

当時、20代だった私は、友人と共にネットで活動し、若くしてそれなりの認知を得ました。

しかし、色々あって、私は彼と離れてしまいました。

1か月ぐらい会社に来なくなってしまった彼が会社に来たいと連絡をしてくれた時、なぜかスグに受け入れられなかった私がいました。

大事な友人であり、ビジネスパートナーだった彼に、なぜか復讐のようなことをしてしまったのです。

その時のことを、今でも後悔しています。

できることなら会って謝りたい。
そんな気持ちで一杯です。

その後、結局、彼から弁護士を通じて株を買い取って欲しいという連絡を貰い、そんなお金を持っていなかった私は、最初の会社を閉めることになりました。

(もしこの会社が今でも続いていたら、かなり大きな会社になっていたと思います。今でも本当に悔しいです。それぐらい優秀なビジネスパートナーでした。)

2005年ごろの話です。

その後、私は、自分一人でもできるということを証明したかったのか、事務員さんだけを一人雇い、サクセスプレナーという会社を作りました。

そして、当時、情報起業のブームがありましたので、そのブームに乗り、私は稼ぎました。

しかし、本当は私は一人でビジネスができるようなタイプではありませんでした。

正直、私は優柔不断なところも多く、また、本当は自分が表に出ていきたいというタイプでもなく、色々な意味で、自分を偽っていました。

要するに、自分のやりたいことでなかったので、長続きしなかったのです。

私は2012年に会社を辞めたいと思いながらもスタッフに言い出せず、結局、自分らしくないビジネスを選んでビジネスを起ち上げようとして失敗しました。

その後、私は事業をできなくなり、2~3年、ほとんどコンサルタントとしての活動だけをしていました。

そして、2016年には、色々と言えないようなことが起こり、結果として、完全にゼロに戻ってしまいました。

2017年になって、私は色々とあがいてみましたが、遂に一人では何もできませんでした。

ある時、以前、ジョイントベンチャーをさせていただいていた頃からの友人であったヒデちゃんにそのことを相談する時がありました。

そして、ヒデちゃんに助けてもらって、抜け出せなくなっていた状態から抜け出させてもらうことができました。

正直に告白すると、私はウツっぽくなっていたのです。

やりたいことや、自分が必要とされることが分からなくなっていて、でも今までのやり方の延長線上で同じことをやるのは、もう嫌だったのです。

本当に抜け出せなくなっていました。

それを助けてくれたのが、ヒデちゃんでした。
そのことに本当に感謝しています。

今後は、ヒデちゃんへの恩返しをしていきながら、自分もやりたいことで成功していけたらいいなと思っています。

具体的に形になってくれば、また報告します。
取り急ぎ、現状報告まで。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

感謝